主人公カメラ。

ゲームの世界で主人公が撮った写真置き場。全記事ネタバレがありますのでご注意ください。

[オクトラ覇者:29]トラベラーストーリー “イヴリン”の物語


スポンサードリンク

f:id:dashimaki_tmg:20201208165115j:plain

旦那様探しのトラベラーストーリーもおそらく、各地方でひとりずつ発生する感じですね?

ということで、今メインストーリーで訪れているグラグスピアで発生した、踊子イヴリンさんのトラベラーストーリーです。

[オクトラ覇者:11]次のストーリーに進む旅人を導きました。 - 主人公カメラ。

↑このときに導き、旅団に加わりました。旦那様を探すのを手伝って!って言われてました!

序章 どこでも舞台に

f:id:dashimaki_tmg:20201208165133j:plain
f:id:dashimaki_tmg:20201208165146j:plain

今回の旦那様候補は武器商人のルカスさん。踊りを見にイヴリンさんのところへ通うお客さんなのだそうです。

新作の踊りを見せたいとルカスさんを訪ねたイヴリンさん。ここで踊るの?!と驚かれましたが「踊子はどこであろうと お客様の前なら踊れるものなのよ」と答えていたのがカッコよかった!

 

「商人になるなら ひいきの踊子を~」というルカスさんの話は、へえ~そういうものなんだ~と興味深かったですね。職業事情は旅団の旅人たちにもあてはまることがあるかもしれませんし、もっと聞いてみたいな~。

イヴリンさんのお客さんになったのはそんな商人としての理由だけではなくて、純粋にイヴリンさんの踊りが好きで、応援している様子だったので安心しました。

 

f:id:dashimaki_tmg:20201208165210j:plain
f:id:dashimaki_tmg:20201208165227j:plain

f:id:dashimaki_tmg:20201208165247j:plain

ルカスさんのこと、めっちゃ好きなんじゃないですか…! かわいい!

1章 踊りが忘れられず

f:id:dashimaki_tmg:20201208165303j:plain

大事な品物が入った鞄をどこかに置き忘れてしまったというルカスさん。一緒に探し、無事に見つけることができました。

 

f:id:dashimaki_tmg:20201208165318j:plain
f:id:dashimaki_tmg:20201208165330j:plain

あら~? これルカスさんもイヴリンさんに対して結構その気ありますよね…?!

 

f:id:dashimaki_tmg:20201208165351j:plain

言ってた言ってた! ポーズがめっちゃかわいいです(笑)

2章 大陸一の踊子になるには

f:id:dashimaki_tmg:20201208165413j:plain

このシーン!

ルカスさんのために新しい踊りを練習したのに、いざ会うとモジモジしてなかなか踊らないイヴリンさんの背中をパシッ!とやって促すウィンゲートに笑った~!

旦那様探しのトラベラーストーリーではいつもガンガン押せ押せなウィンゲートになるのが楽しいです(笑)

 

f:id:dashimaki_tmg:20201208165430j:plain
f:id:dashimaki_tmg:20201208165446j:plain

情熱的な踊りを披露したあと、言葉でも想いを伝えます!

しかし……!

 

f:id:dashimaki_tmg:20201208165505j:plain
f:id:dashimaki_tmg:20201208165519j:plain

f:id:dashimaki_tmg:20201208165538j:plain

ええ~~! いけると思ったのに~~!

いや、わかりますよ、ルカスさんの言うことももちろんわかりますけど…! うわ~そっか~~!

3章 夢を叶えた、その先の話

f:id:dashimaki_tmg:20201208165558j:plain
f:id:dashimaki_tmg:20201208165609j:plain

ウィンゲートに促され(←ここでも熱い男でした)、もう一度ルカスさんの前で踊ることにしたイヴリンさん。

しかし訪ねてみると、ルカスさん側の手違いで商談相手の貴族を怒らせてしまったとのことで、困っている様子でした。

お詫びの踊りを披露して、取り持ってあげると提案するイヴリンさん。「そのためにあたしをひいきに~」と言ったイヴリンさんの気持ちを想像すると胸がキュッとなりましたね……うっ…!

 

f:id:dashimaki_tmg:20201208165629j:plain
f:id:dashimaki_tmg:20201208165639j:plain

イヴリンさんの踊りは大成功。今回のことは目をつぶってもらえることに。

それにしても、こうやって踊子がついていることを見せると、商品の信頼まで得られてしまうとは…。面白いなあ。

 

f:id:dashimaki_tmg:20201208165759j:plain

f:id:dashimaki_tmg:20201208165814j:plain
f:id:dashimaki_tmg:20201208165826j:plain

「本当に素敵な踊りだった」と言ってくれたルカスさん。

気持ちが迷惑だったわけでは決してなくて、イヴリンさんに夢を叶えてほしくて、イヴリンさんなら夢を叶えることができると本気で思ってくれているんですね。よかった~。

 

f:id:dashimaki_tmg:20201208165845j:plain
f:id:dashimaki_tmg:20201208165855j:plain

f:id:dashimaki_tmg:20201208165911j:plain

……って、やっぱりルカスさんにもその気が…!と思ったら「待って」と遮るイヴリンさん。

↑これカッコよかった~! 好き~!

 

f:id:dashimaki_tmg:20201208165924j:plain

キャラクター紹介文や、導いたときのセリフだけではやっぱりどんな人物なのかを想像しきれなくて、イヴリンさんに関しては声がかわいい感じなので、かわいい踊子さんというイメージでした。

でも実際はかわいいだけじゃなくて踊子らしい色っぽさもあって、さらにルカスさんの前でモジモジしてしまう恥ずかしがり屋な一面もあり、

いろんな表情や言葉などからイヴリンさんという人をよりよく知ることができて、楽しいトラベラーストーリーでした!

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます◎

 

にほんブログ村 ゲームブログへ  にほんブログ村 ゲームブログ 今日やったゲームへ

このブログは「にほんブログ村」ブログランキングに参加しています。