主人公カメラ。

ゲームの世界で主人公が撮った写真置き場。全記事ネタバレがありますのでご注意ください。

[オクトラ覇者:39]トラベラーストーリー “マイルズ”の物語


スポンサードリンク

f:id:dashimaki_tmg:20210122205854j:plain

[オクトラ覇者:11]次のストーリーに進む旅人を導きました。 - 主人公カメラ。

↑マイルズはこのときに導き、旅団に加わりました。

Switch版「オクトパストラベラー」でNPCとして登場していたキャラクターなので、今作で自分の旅団に導けただけで大喜びでしたが、Switch版で触れたマイルズの物語、その前日譚をこのトラベラーストーリーでプレイできることをとても楽しみにしていました。

序章 父親の背を追って

f:id:dashimaki_tmg:20210122205915j:plain
f:id:dashimaki_tmg:20210122205928j:plain

マイルズがこの一ヶ月追い続けていたという盗賊の情報をつかみ、捕らえようとする場面から始まりました。

今までプレイしたトラベラーストーリーでは結構気楽な感じで「手伝って!」とか「ついてきて!」とか頼まれることが多かったので、「ここで待っていて」と言われたことに少し驚きました。

まあたしかに、聖火騎士は守る仕事ですもんね。一般人を危険な目に遭わせる訳にはいかないと思うのも納得です。

しかし、旅団の仲間は一般人じゃないですし(?)手伝うに決まってるでしょう! 水くさいなあ~~と、腕組みウィンゲートもきっと思っていたと思います(笑)

 

f:id:dashimaki_tmg:20210122205953j:plain
f:id:dashimaki_tmg:20210122210007j:plain

盗賊を捕らえたことを聖火騎士のリオン教官に報告しましたが……えっ、なんかマイルズに対する態度が冷たくないですか? まさか嫌がらせ的なことをされているとか…?

ところでこの場所、向こうに見える大聖堂の明かりがとてもキレイです。フロストランドの風景ってやっぱり好きだな~としみじみ。

 

f:id:dashimaki_tmg:20210122210032j:plain
f:id:dashimaki_tmg:20210122210047j:plain

き、きた…! お父様の話…!

序章のタイトルを見て、ちゃんとお父様の話に触れてくれるんだ!とわくわくしてました。嬉しい!

お父様の名前ってSwitch版でも表記されてましたっけ? そこまでは覚えてなかったですね、レヤードさんっていうのか…。

1章 教官は何を想う

f:id:dashimaki_tmg:20210122210118j:plain

聖火騎士団付きの薬師から“雪どけ草”採集の依頼があったそうで、これがマイルズの次の任務となりました。聖火騎士団付きの薬師という方もいるんですね、職業情報興味深いです。

しかし“雪どけ草”が群生しているという“雪花晶の洞穴”は、ウォーウルフの縄張りでとても危険な場所とのこと。

リオン教官は「断っても構わない」と言いますが、その場合は聖火騎士の道を諦めろと……ええ~……。

 

f:id:dashimaki_tmg:20210122210131j:plain
f:id:dashimaki_tmg:20210122210143j:plain

ここでも最初は遠慮するマイルズでした。旅団の仲間たちはみんなマイルズの力になりたいんだよ!と、何度でも伝えたいですね。

 

f:id:dashimaki_tmg:20210122210204j:plain

洞穴の一番奥、光が入ってとてもキレイな場所でした。

ちなみにストーリーの推奨レベルを余裕で上回っていたのでバトルに関して心配はなく、ウォーウルフが登場し、囲まれたときは「おお~!」とワクワクしてしまいました(笑) もふもふ!

 

f:id:dashimaki_tmg:20210122210230j:plain
f:id:dashimaki_tmg:20210122210242j:plain

無事に“雪どけ草”を採集し、リオン教官に報告です。

仲間に助けてもらったことも正直に話したマイルズでしたが、これに関してはお叱りを受けてしまいました。まあこれはリオン教官のおっしゃるとおりですね、聖火騎士というお仕事ですから。

マイルズは「あなたが気にすることはありません」と言ってくれましたが、ちょっと悪いことしちゃったなあ。

 

f:id:dashimaki_tmg:20210122210307j:plain

「仲間に助けてもらった……か」と、リオン教官が笑ってもらしたこの言葉は……もしかしてレヤードさんのこと…?

この画面の隅に、何か話している様子のマイルズとウィンゲートが映っているのが好きです。なんかかわいい。

2章 恥さらしの息子

f:id:dashimaki_tmg:20210122210359j:plain
f:id:dashimaki_tmg:20210122210414j:plain

リオン教官に呼ばれていると聞いて街のはずれへ向かいましたが、行ってみるとリオン教官の姿はなく、そこにはマイルズと同じ見習い騎士が……

 

f:id:dashimaki_tmg:20210122210441j:plain

あああ……そ、それ~~!!

 

f:id:dashimaki_tmg:20210122210454j:plain
f:id:dashimaki_tmg:20210122210507j:plain

↑このマイルズの叫びが刺さりましたね。ああ~切ない……。

先ほどのウォーウルフに囲まれているスクショでもわかりますが、マイルズとウィンゲートのふたりはバトル時の構え方が同じというところも好きです。

 

f:id:dashimaki_tmg:20210122210534j:plain
f:id:dashimaki_tmg:20210122210548j:plain

駆けつけたリオン教官は見習い騎士たちをちゃんと叱ってくれましたが、「これを機に 私から直接言わせてもらおう」と……ええ~、なんでそんなことを………

 

f:id:dashimaki_tmg:20210122210612j:plain

あ、あああ……!

 

f:id:dashimaki_tmg:20210122210626j:plain
f:id:dashimaki_tmg:20210122210642j:plain

マイルズ……このときから知ってたんですね。

見習いとして聖火騎士団に入ってから耳にしたのか、もしかするとマイルズの地元などで噂されていたりしたのでしょうか。つらい……。

3章 真実を前に、僕は逃げない

f:id:dashimaki_tmg:20210122210716j:plain
f:id:dashimaki_tmg:20210122210727j:plain

レヤードさんのことを調べるのを手伝ってほしいと、今回はマイルズから頼まれました。そう、マイルズはお父様のことをちゃんと信じてるんですよね…!

 

f:id:dashimaki_tmg:20210122210749j:plain
f:id:dashimaki_tmg:20210122210800j:plain

レヤードさんの裏切りの真相を知る人は見つからず、目撃者などの手掛かりもつかむことができませんでした。

女性の聖火騎士さんがおっしゃっていた、何も知らされていないからこそ「噂だけが独り歩きしているのだ」という言葉が印象的でした。なるほどな~…。

 

f:id:dashimaki_tmg:20210122210832j:plain

そうしていると、リオン教官から街の外へ呼び出されました。

お父様が裏切り者だからという理由でマイルズに嫌がらせをし、聖火騎士団から遠ざけようとしていたことを認め、謝るリオン教官。

同時に、どんなに危険な任務だろうと真剣に取り組むマイルズの姿を見て、わかったのだと…。

 

f:id:dashimaki_tmg:20210122210846j:plain
f:id:dashimaki_tmg:20210122210857j:plain

ああ~……。マイルズの人柄や振舞いを見ていると、レヤードさんがどんな人物だったのかも想像できますよね。

嫉妬するほどに立派だった聖火騎士の裏切り(という噂)は、教官ほどの地位の人の心をも揺さぶってしまったんですね。なんか…リアルな心模様、人間模様が見えた気がしたシーンでした。

 

f:id:dashimaki_tmg:20210122210920j:plain
f:id:dashimaki_tmg:20210122210934j:plain

やっぱり聖火騎士になるのは諦めろと言うリオン教官に「みくびらないでください!」と叫んだマイルズ、これめちゃくちゃカッコよかったです…!(しかもボイス付き…!)

 

f:id:dashimaki_tmg:20210122210952j:plain
f:id:dashimaki_tmg:20210122211002j:plain

f:id:dashimaki_tmg:20210122211020j:plain

いや~~ここからSwitch版のストーリーまで数年間……ですよね。

手掛かりもなく、噂を知る人から冷たい扱いを受けながら、お父様のことを信じて耐え続けたのだと思うと……ううっ、マイルズ……頑張ったんだな……!!

イメージどおりだった真面目で優しい人柄もとても好きで、キャラクターへの思い入れがさらに強くなったストーリーでした。良かった~!

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます◎

 

にほんブログ村 ゲームブログへ  にほんブログ村 ゲームブログ 今日やったゲームへ

このブログは「にほんブログ村」ブログランキングに参加しています。