主人公カメラ。

ゲームの世界で主人公が撮った写真置き場。全記事ネタバレがありますのでご注意ください。

[オクトラ覇者:72]闘技大会、ガートルード杯で優勝しました!


スポンサードリンク

f:id:dashimaki_tmg:20211111230007j:plain

ガートルードに…勝てました……!!

運がよかっただけかなという気もしますが(笑)それでもあのガートルードに…勝ったぞ……!!

 

[オクトラ覇者:70]闘技大会、ガートルード杯に挑戦中…! - 主人公カメラ。

予選から本戦決勝までの模様は↑こちらです。

 

f:id:dashimaki_tmg:20211111225948j:plain

パーティメンバーに選んだのはこの8人です。

今回はどうしても“アンチアタック”役はカルツにしたくて(笑)じゃあ味方への物防バフ役も星4キャラクターの誰かにできないかな?と思い、ミーナちゃんに入ってもらうことにしました。

土竜の鼓舞Ⅱ”を使うときのボイス「もぐらの力こぶ〜!」←これかわいすぎませんか…?!

 

ミーナちゃんは全体回復アビリティも習得しているので、ガートルードが3回行動になって回復が追いつかなかったときにも助けてもらいました。

そういえばカルツにも“応急手当”をしてもらった場面がありましたし、神官や薬師以外のキャラクターが使える回復技ってありがたい…!

 

シールドを削るときはウィンゲートの“スパイダーファング”、もしくはカルツの“スパイダートラップ”を使って速度デバフをかけ続けました。

そうするとファルコが一番に、ガートルードよりも先に行動できるようになったので“パワースナッチ”でブレイク → 自身にバフをかけておいて、次のターンでフルブーストの“アサシネイト”……という流れにしてました。

ソレイユさんにはムールゥやプロメに“魔力活性の治癒”をかけてもらいましたし、今回は味方へのバフを考えて、よく使った戦いだったな〜と思います。

 

f:id:dashimaki_tmg:20211111230026j:plain

毎回ボコボコにやられてしまうんですけど、なんとなくパーティメンバーはこの8人でいい感じなような気がしていて、

そしてこの戦いってガートルードからどの攻撃がくり出されるか、それをこちらのパーティの誰が受けるかによって戦況が大きく変わると思うので、運次第で勝てるのでは…?と思ってチャレンジを続けていると、ついにその時が……!

 

f:id:dashimaki_tmg:20211115175733j:plain

やった……!!

あのガートルードに勝った……!!

 

このときはガートルードの攻撃がうまく分散したり、“ヒールスラッシュ”が3回くらいしか使われなかったりしたので、やっぱり運がよかったんだと思います(笑)

 

f:id:dashimaki_tmg:20211111230038j:plain
f:id:dashimaki_tmg:20211111230050j:plain
f:id:dashimaki_tmg:20211111230200j:plain
f:id:dashimaki_tmg:20211111230214j:plain

今回はHP回復はソレイユさんのアビリティを頼ることにして、アクセサリーはHPの最大値や防御力をアップさせるものを中心に選びました。

速度デバフのかかったガートルードに対して、ファルコやウィンゲートだけでなくカルツも先に行動することができていたので、“黒竜の鱗”を装備させていてよかった…!

ムールゥはもうとにかく炎でガンガン攻撃してください…!という感じだったので“猫の身かわし”は使わないまま終わってしまったんですけど、これってトレサちゃんの“緊急回避”みたいなものですか? すごいな…!

 

ウィンゲートの他にも星4キャラクターをパーティに入れて勝ちたいという目標も達成できたので嬉しいです。天賦覚醒も本当にすごい……!

 

f:id:dashimaki_tmg:20211111230245j:plain

f:id:dashimaki_tmg:20211111230259j:plain
f:id:dashimaki_tmg:20211111230311j:plain

いや〜〜嬉しい!!

ガートルードは声が良いんですよね。そしてこのたくましい脚…!

超パワータイプの女性キャラクターってカッコいいなあ。早く自分の旅団で活躍させたいのでレベリング頑張ります。

 

f:id:dashimaki_tmg:20211111230331j:plain

ということで、ガートルード杯で優勝できました〜!

 

次はヴァルカン杯に挑戦します!

学者ジョブの王者で“天才軍師”、どんな人物なのか楽しみです!

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます◎